復縁したいなら距離を置くべき!上手なきっかけを作るには?

性格や考え方の不一致、相手の浮気、遠距離恋愛の末…破局の原因は人によって様々です。

中には長年付き合ってきたけれど結婚を考えてくれなかったり相手との未来が見えずにお別れをするなど情が残りやすい理由もあり、やっぱり復縁しようと考えることもあるでしょう。

でも少し待ってください。復縁を成功させるには少し距離や時間を置いた方がいい場合が多いんです。

復縁を切り出す前に冷却期間を

お別れをした後に、復縁を視野に入れつつ距離や時間を置くことを冷却期間と言います。冷却期間を取った方がいい破局は、ずばり突発的な喧嘩別れでないお別れ。つもりにつもった不満を出し切った喧嘩ではない、突発的な喧嘩なら時間を空けるほどきまずくなってしまいます。

でも、それ以外は一度彼から離れてみた方がいいかもしれません。冷却期間は1か月から5か月以内が目安です。5か月を越えると復縁を切り出しても今更と思われてしまう可能性が高まります。

冷却期間のメリット

冷却期間を取るメリットはまず、相手が寂しくなるまで待てることです。男性は分かれて1か月くらいはしがらみから解放された喜びを楽しみます。

好き合っていても自分の時間を相手に使うのは男性にとって苦しいところもあるもの。我慢していたことなどを1か月ほどでやりきったら、そこからようやく寂しさを感じ始めます。その頃にはあなたの言葉も受け入れてもらいやすくなるでしょう。

また、あなた自身も気持ちの整理をつけられます。別れたばかりでは彼のいいところばかりを思い出してしまいがちですから、少し時間を置いて本当に復縁したいのかを考えます。彼に執着するばかりではなく自分磨きをしたり新しい恋を思い描いて一度心から彼を追い出すことも大切です。

復縁のためには

気持ちを整理しても復縁したい、忘れられない彼には、1か月を超えた頃から連絡を取ってみましょう。すぐの連絡は面倒な女だと思われかねませんし、期間を開けすぎても男性側が気持ちを入れ替えてしまう可能性があります。ただし破局の原因が彼に好きな人ができたなどの場合はそちらの様子を窺う必要があります。

SNSや友人関係などを頼ったり、3か月以上期間を開けて男性が新しい好きな人の悪い部分にも気づき始めるのを待ちます。その頃には彼の恋の昂ぶりも落ち着いて冷静な判断ができるようになっているでしょう。

破局の原因が何でも、2か月、4か月など、相手に合わせて冷却期間の期限をこの日と決めておくといいでしょう。それまでに破局の原因が少しでも自分にあれば解消に努め、心の準備をします。そうすると自分にも自信がつききっかけ作りにも迷わずに済むでしょう。

素敵な未来に繋げて

復縁の際の距離の置き方について紹介しましたがいかがでしたか?冷却期間によって復縁できる確率はぐんと上がると言われています。

大切な彼と谷を乗り越えて、素敵な未来が描けるように応援しています。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク