ハート画像で恋愛を叶える!ハートの種類や効果・待ち受け・壁紙

多くの女性が経験している片思い。片思い中は、相手にどうしたら好かれるのか、どうしたら両想いになれるのか、そんなことを考えてしまいます。

時には不安な気持ちになることもあり、「片思いから抜け出し両想いになりたい」と願う女性も多いのが現状です。

そんな両想いへの願いを叶えてくれるものが、ハートの画像です。この記事では、ハートの画像の効果を中心に様々なことをご紹介します。

なぜ待ち受けや壁紙で効果がでるの?

近年では、スマートフォンやパソコンを持っている人の方が少ないほどの、デジタル社会になっています。スマートフォンやパソコンに、毎日触れるという人も多くいます。

そんな社会に暮らす人々にとって身近なものが、スマートフォンの待ち受けやパソコンの壁紙です。

ハートの画像が印刷された紙などよりも、スマートフォンの待ち受けやパソコンの壁紙の方が、手軽ですしコストもかかりません。
また毎日見て触れることもできますので、ハート画像の効果がより期待できます。

ハートの画像が片思いの願いを叶えてくれる

ハートは多くの世界で、恋愛のモチーフとして登場します。その為、国が違う相手との交際においても効果のあるマークです。

ハートは愛を伝える手助けをしてくれるマークです。ですから片思いを叶えてくれたり、好きな人に思いを伝えたりすることを、助けてくれる効果があります。

ハートの色によって効果が違う

ハートと聞いて、多くの人が思い浮かべる色はピンクです。しかし、ハートマークの色は数え切れないほど多く存在します。今回は色として代表的な5色から、それぞれの効果をご紹介します。

「赤」赤はエネルギッシュで力強い色です。ハートマークで赤色というのは、多く見かけます。インパクトがあり、相手の印象に残りやすいです。ですから、片思いの相手に自分を見てもらいたいと思っている人は、赤色のハートの画像を待ち受けや壁紙にすると良いです。

「白」白は純潔さを表すうえで役に立つ色です。片思いの相手が自分のことを誤解している時は、白のハートの画像が役に立ちます。
「黄色」明るくて笑顔と結び付けられることも多い色が黄色です。片思いの相手と話している時に、自然と明るく笑顔になれるという効果が期待できます。

「青」青は心に冷静さを与えてくれる色です。片思いをしていると相手のことを一日中考えたり、相手への思いがとても大きくなったりすることがあります。恋愛には冷静さも求められます。熱くなり過ぎた恋心を落ち着かせたい時は、青のハートの画像を活用しましょう。

「緑」緑色は優しさや自然をイメージさせます。片思いの相手に、自分の自然体の魅力や優しさなどをアピールしたい時は、緑のハートの画像が効果的です。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク