【盛り塩】運気や厄除けに効果的な場所は?

塩は料理だけでなく、お清めの意味で使うことがありますよね。

また厄除けのために盛り塩をすることもあります。

盛り塩とは?盛り塩で厄除けや開運ができるって本当?やり方を知りたい!

厄除けだけでなく、盛り塩をすることで開運にもつながると言われています。

そこで、具体的に盛り塩について、どのようにすると効果的なのか、場所や盛り塩に使う塩の種類などについて紹介したいと思います。

塩の種類について

まずは、盛り塩に使う塩についてです。
どんな塩でも良いのでしょうか。
普段、料理に使う塩でも良いのでしょうか。

どうやら、なんでも良いというわけではありません。

盛り塩に使う塩は、天然のものを使うことが基本です。
天日塩や手岩塩といった天然塩が望ましいと言われています。精製塩などは使わないでください。

不純物が混ざっている塩を使っても効果は発揮されません。気を付けてくださいね。

注意点

盛り塩をする時に気を付けることです。

それは、その場所を掃除してから盛り塩をするということです。

盛り塩とは話が少し反れますが、塩水で絞った雑巾で掃除をすると、空気が浄化され良い運気が運ばれるという話もあるそうですよ。

掃除をして(できれば塩雑巾で掃除をすると更に良いかもしれません)から盛り塩すると気持ちもスッキリするのでないでしょうか。

塩の盛り方

続いて盛り塩の盛り方です。

盛り塩と言うのだから、塩を盛れば良いと思うかもしれませんね。

三角形や円錐型などが、よく見掛けるかもしれませんが、基本的に盛り塩の形に正しいものはないので、ご自分のお好みで良いようですよ。

盛り塩というのだから、塩を盛れば良いという考えは正しいのですね。

どこに盛れば良い?

盛り塩は、家のどこにすると良いのかを具体的に紹介しますね。

どこに盛るかということは、悩みによって異なります。

では悩み別に盛る場所を紹介しますね。

開運→玄関前(玄関の入り口の外側に盛り塩をすると悪い邪気を追い払い、開運に繋がります)
恋愛運アップ→東南の方位
金運アップ→西の方位
仕事運アップ→東の方位
人間関係→東南
精神安定→北の方位
と言われています。

トイレや寝室に盛り塩をするのが一般的のようですね。

台所も良いですね。

そもそも塩がどうして開運をもたらしてくれるのか

塩は昔から邪気を払うものとして使われてきました。
塩の他にも、小豆やお米も開運に良いと言われてきました。

塩は日本だけでなく、世界の国々で魔除けや厄除け開運のために使われているようです。

国によりますが、塩は神聖なものとされているようですよ。

盛り塩の歴史ですが、昔は塩水が神聖なものとされていて、海に入ることで身を清めたとも言われています。
そこから盛り塩をすることで邪気を払うようになったのかもしれませんね。

盛り塩の替え時や処分の方法

ところで盛り塩って1回盛ったら、ずっとそのままで良いのでしょうか。

人それぞれ好みの問題となりますが、基本的には3日に1回くらいから2週間に1回くらいの間隔で替えると良いようです。

毎日替えるという人もいるようです。
他には、盛った塩が崩れたと感じたタイミングで替えるという人もいるようなので、自由ですね。

ただ、塩は色々な悪い運気を吸収しているので力は弱まっていきます。

ですから盛りっぱなしではなく、定期的に取り替えるべきと言えますね。

盛りっぱなしで放置しておくと悪い運気を吸収しているので運気の低下にもつながるので、やめましょう。

処分の仕方ですが、基本的には持っていた場所で捨ててください。

キッチンやトイレに流しても良いです。
ただ塩を捨てるなんて、もったいない!という気持ちから食べたり、お風呂に入れてパワーを強めようという考えはしないでください。

悪いものを溜め込んでいる塩なので、それを食べたり、お風呂に入れたりしたら悪いものを身体の中に入れてしまうことになりますよ。

盛り塩と聞くと、風水とか、難しいもののように感じられるかもしれませんが、意外と簡単に始められそうですよね。

あなたも、盛り塩をして悩みを解決してみませんか。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク