なにを捨てる?断捨離できない!進まない人も効果的にできる方法

いらないものを減らして、部屋をスッキリさせると気持ちもスッキリして落ち着くと思います。

断捨離をしたい!でもやり方がわからない

しかし断捨離をやってみようと思ってみるものの、挑戦してみると迷ってしまったり、どのように進めたら良いのかわからないという悩みを抱えている方が多いのではないでしょうか。

テレビや雑誌などでも断捨離をテーマに取り上げているものを時々見ると、スッキリしてステキになるので、筆者もやってみるのですが、うまくできないということが何回もありました。

断捨離する!と言っても、端から物を処分すれば良いというわけにもいきませんし、いるものといらないものをまずは分けるところから始めようと思っても、基本的に家にあるものは全ているように思えてしまいせんか?

そこで、何を捨てたら良いのか?断捨離ができずにお悩みの方へ少しでもアドバイスができたら嬉しいなと思い効果的に断捨離をする方法を紹介したいと思います。

ルールを決めましょう

断捨離とは、物を減らすわけですが、とっておくべきものか、本当に処分して良いものか迷うことがたくさんあると思います。

そうすると、作業が進まず断捨離ができなくなってしまいますね。

そこで捨てる物のルールを決めておくことで、スムーズに断捨離の作業が進むようになります。

次に残しておくもののルールも決めておくと気持ちも楽になりますね。

捨てるもののルール

まずは断捨離するもののルールを3つ紹介します。

1、 それぞれの物を置くスペースを決めておき、そのスペースに入る量だけを持つことにします。

入らなくなったら、その中で不要なものは処分することにしましょう。

2、 衣類など、数年後に着るかもしれないという気持ちからとっておきたい気持ちはあると思いますが、それでは断捨離できません。

今年着なかったら処分しよう!とか、2年間着なかったものは処分しよう!というように、断捨離するまでの期限を自分の中で決めておくと衣類の管理がしやすくなります。

3、 メイク用品や衣類もそうですが、自分の好みも変わると思いますし、流行なども変化していきます。

自分の変化や周りの変化に合わせて見直すようにすると断捨離しやすくなりますよ。

残しておくもののルール

続いて、断捨離しないで、残しておくもののルールを4つ紹介します。

1・収納しやすいものを選びましょう。

もちろん使い勝手も大切ですが、残しておくためには、きちんと収納できることも大切なポイントになります。

収納しやすいものは残すもののルールとしてのポイントになります。

2、お気に入りは残しましょう。

食器にしてもメイク用品にしても、お気に入りのものってありますよね。

それらも無理して断捨離する必要はありません。

きちんと収納しておくことで、お気に入りのものが更に魅力的に目に入るので今後片付けのモチベーションも上がりそうではありませんか。

4、 思い入れのあるものは置いておきましょう。

昔のものや、他人が見たら「不要」と思われてしまうものだとしても自分にとっては思い入れが深いものってあると思います。

それらも断捨離する必要はありません。

思い入れのあるものをとっておくと、気持ちも温かくなったりしませんか?

5、 使い勝手の良いものを選びましょう。

使い勝手の良いものをとっておくことで、キッチンやリビングなども片付くと思います。

便利なもの、使い勝手の良いものまで断捨離する必要はありません。

とっておいて有効に使いましょう。

まとめ

いかがですか?

断捨離と聞くと、とにかく処分しないといけないというイメージがあったのではないでしょうか。

しかし、そうではないのですね。

お気に入りや、思い入れのあるもの等、やはりとっておきたいものってありますよね。

それらも考慮して不要なものは処分します。

また迷うものは処分するまでの期限を設けることで断捨離しやすくなっていくと思うので、ぜひ試してみてもらいたいと思います。

実際には、いざ断捨離をしようとしても、あれも、これも、全部必要!と思ってしまいなかなか片付かないものですよね?

断捨離をする時、自分のルールを見つけて決めることで簡単に断捨離できるようなので、毎日の暮らしをもっと快適にするためにも参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク