水晶の石言葉、水晶の種類や効果は?

花に花言葉があるのと同じように、パワーストーンには石言葉があるのをご存知でしょうか?

力を与えてくれると言われていたり、石ごとに意味を持ちながら身に着けたり持ち歩きやすいパワーストーンの中でも、まずは持ちたい代表格と言われ、色の種類も多様で他の石とも組み合わせやすい水晶をご紹介します。

水晶とは

水晶とはクォーツとも呼ばれ、水晶に始まり水晶に終わるとも言われるほどパワーストーンの中でも有名な宝石です。

古代ギリシャでは溶けなくなってしまった氷の化石だと言われたり、日本では水の精霊が住むと言われたりと透明な水のイメージの強い石です。基本の形状は六角柱で、ブレスレットやペンダント、ポイントなど様々な形に加工されます。

水晶の種類

無色なものだけを水晶と呼ぶ場合もありますが、本来水晶は色とりどりなもので、色によっていくつかの名前がついています。

有名なところでは紫色がアメジスト、黄色がシトリン、ピンクがローズクォーツ、黒褐色がスモーキークォーツなどです。透明ながらも色が様々であるため、自分の好みにあった水晶を選ぶことができます。

水晶の石言葉

水晶の石言葉は純粋や完璧、調和、能力、浄化など様々です。色によっても分かれておりアメジストならば誠実、心の平和、シトリンならば友情、幸福、甘い思い出、ローズクォーツは愛を伝える、平和、感情の支え、などなどたくさんの石言葉が込められています。

石言葉にもある通り調和の石とも言われているので、複数の石を組み合わせて持ち歩きたい場合には間を取り持ってくれるとされています。

水晶の効果

水晶の効果で特に有名なのは願いを投影し成就させるというものです。そのため願いを込めてブレスレットなどにする人もいるようです。

しかし通わせた念や気は持ち主に還るという性質も持っているため、邪念を抱くと自らに災いが起こる危険性もあります。

他にも邪悪な気などを吸い取ってくれたり、身代わりになってくれるなどの護身の効果があったり、体内の毒素を排出して細胞を活性化させるとも、同時に自分自身のパワーを増強させるとも言われています。

また、気持ちを落ち着かせてマイナス思考を追い払う働きも有名です。

身に着けると力が湧いてくるかも

水晶はとても固く、浄化作用も持っているため初心者でも身に着けやすい石です。色にも数多くの種類があるためきっと自分に合ったものも見つけやすいでしょう。

護身や心身の活性化にいいとされている水晶、石言葉や効果にぴんとくるものがあればぜひ手元に置いてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク