悪い夢は何かの暗示?人に話すとどうなる?おすすめの解決法

夢にはさまざまな種類があります。時には悪夢を見てしまうこともあるでしょう。

そんな日は気分が落ち込んでしまいますし、どう対処したらいいのか分からなくなってしまいますよね。

今回はそんな悪夢を見てしまった人に向けて、悪夢が意味するものやおすすめの解決法をご紹介します。

悪い夢が意味するもの

悪夢にもさまざまな種類があります。細かいシチュエーションによって、その悪夢が持つ意味も違ってきます。

殺されてしまう夢

自分や親しい人などが殺されてしまう夢が意味することは、ずっと追われていたものから解放されるということです。

例えば仕事に追われる毎日を送っていたり、問題から逃げていたりする場合は、それらのことが解決するということです。

殺してしまう夢

この夢は殺してしまった相手によって意味が違います。人以外の生き物を殺していたら、あなたが誰かへ強い殺意や、恨みを持っていることを暗示しています。

人を殺す夢を見た場合は、その人との関係改善を望んでいることを暗示しています。

事故にあう夢

事故にあう夢は、怪我の重傷度によって意味が違います。怪我をしなかった場合は、近いうちに心に傷を負うことを意味しています。誰かに暴言を吐かれるなどのことが可能性として考えられることです。

軽傷の場合は良い意味を持っています。100円や千円など小さな額ですが、お金が入ってくることを意味する夢です。

重傷の場合は仕事運が下がっており、ストレスを抱えていることを暗示しています。

怖いと感じた夢

妖怪や怪物が出てくる夢や、誰かに追いかけられる夢を見た場合は、怖いと感じることが多いでしょう。

怖いと感じる夢が持つ意味は身体の不調です。これから起こるという暗示ではなく、今現在あなたの身体にどこか不調があることを意味しています。

例えば食べ過ぎていたり、お酒を飲み過ぎていたり、そのようなことが考えられます。食事に関係のあること以外にも、臓器の機能が低下しているなどのことが考えられます。

悪夢は人に話した方が良い

いい夢は人に話さない方が良いとも言われますが、悪い夢の場合は人に話した方が良いです。

悪夢を人に話すことで、気持ちを楽にすることができます。なかなか悪夢が頭から離れない場合は、その夢を飽きるまで考えると忘れることができます。

運気的にも人に話した方が、悪い運気を自分の中から出すことができます。

この記事では悪夢が意味するものや、おすすめの解決法をご紹介しました。悪夢を見ると

気分が落ち込んでしまうことが多いです。そんな時は人に話して気持ちを解消しましょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク